Home
Plane

ウッドチャックの工房へようこそ!

アメリカでは老若男女が木工を楽しんでおり、自宅に工房を持っている人も多い。
公共施設の中に貸し工房があり、市立中学校には本格的な木工、金工、陶芸教室等が備わってる。

最初に参加した木工教室は市が主催したもので市立中学校の木工教室を借り、市内の家具製造会社の方が講師であった。
この時、木工教室を見たときの驚きといったら

すべての木工機械は家具製造工場で使用するような物ばかり。
とても素人が趣味で持てるような物ではなかった。

12インチのテーブルソー、12インチラジアルアームソー、 20インチプレーナー、8インチジョイナー、 シェーパー、セントラルダストコレクターなどなど重さ数トンはあろうかという木工機械ばかり。

僕にとっては触ったことのない機械ばかり、しかし他のアメリカ人(男も女も)は一通り木工機械の使い方を中学時代に学んでいる。まったく知らないのは僕一人という状態であった。

このような状況に接し、「これが本当の社会の豊かさだな。」と実感した。
たまには会社を早退して、近所の工房へ通ったり、自宅の工房で自分の好きな物を作る。
そういう人が増えることを願っている。

 

Copyright 1999-2003 The Woodchuck's Workshop. All Rights Reserved

好きな項目を
クリックしてください。

DIY
家2 ニューメキシコ州の家
準備中
木工
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO